fxは自分との戦い

fxは他人の利益を奪い取る金融商品であると言う事を御紹介しました。fxはゼロサムなので相手とバトルをして勝ちぬかなければなりません。他人と比較して結果が出るものであります。しかし、相手と勝負をする前に自分との戦いで負けている人が多いです。自分との戦いとは自制ができないと言う事で、fxをうまく使いこなせていない人のことです。何となく安そうだから買ってしまう、損をしても、また次に同じことをしてしまう。資金管理が重要であると言いつつも無謀なナンピンを繰り返してしまい資金ショートを起こしてしまうなど、自分でしっかりと守らなければならいことさえも守れない人が多いです。そのような状態で相手と対峙して勝てるはずがありません。仮に弱い相手にぶつかってまぐれで勝てたとしても強い相手とぶつかった時に一気に負けてしまう事になります。まずは自分のfxについての考え方やトレード手法について徹底的に磨き上げるということが大切です。自己防衛のための防具も必要になってくるでしょう。そういう環境を整えているのかについて再度確認してみてください。ライバルは着々と身支度を整えてトレードをしています。そのような人たちと勝負ができる状況を整えましょう。

fx裏技投資法

fxでは裏技と呼ばれる手法がいくつかあります。それはポイントサイトで得た金額やfx会社が実施しているキャッシュバックキャンペーンをかき集めて軍資金をためて、米雇用統計のような大きいなイベントの時に勝つか負けるかの大勝負をするのです。もともともらったお金なのでなくなっても仕方ないという感覚でfx相場で賭けてみる事もおもしろいです。当たれば何倍もの金額になると思います。初めの軍資金だけでは数万円は入ると思いますので、それを基にして儲かりそうであれば後で追加投資をして追撃していくことも良いのではないかと思います。fxは流れが肝心ですので、今は勝てているという時に勝負を決めてしまう事が良いでしょう。勝てない時にいくらやっても勝てないことと同じように、勝っている時は何をやっても勝てる時があります。怖さも知っていなければなりませんが、そういう時はいつもより少しだけ大きな勝負をしようという心づもりで良いのではないかと思います。このやり方で数万円から数億円まで膨らませた人もいると言う事も聞いたことがあります。fxの裏技中の裏技となりますが、これができるうちは試してみるのも良いと思います。だんだんキャッシュバックなどがなくなっているので注意です。

fxは資金を比較して勝つ!

fxトレードをする時に勝つと言う事は大事ですが、どのくらい勝つかについても重要項目となってきます。例えば、10円勝った!と言ってもそれは勝ちとは言わない人もいるかもしれません。同1回の勝ちだとしても雲泥の差が出てきます。どうすれば大きく勝てるかというのは値幅と資金量にて変わってくると思います。どちらもリスクを負うと言う事になると思いますが、自分が自信のあるトレードの時は思いっ切って勝負をしかける事が良いと思います。通常損益が発生してしまう事が多いと思います。それを1回の勝ちでどれくらいカバーしていくかがトレードの基本になってくると思いますので、そのような時に小さな勝ちしか拾えなければ負け分をカバーすることができなくなります。損小利大という言葉がありますまがまさにその通りだと思います。いつものトレードで培って今なら勝てるという状況を比較して一気に資金を投資して勝負をしていく必要があります。それはいつもより比較しても大きな金額とならなければ大きな利益を生む事もできないと思います。もちろん、通常のトレードの時にどれだけ鉄板トレード法を手に入れているかが重要用になりますので、日々の研究が大切になります。

fxで勝つために

fxで勝つためには徹底したデータ管理が大切です。自分の過去の成績を見てみて勝ちやすいパターンはあると思います。それを徹底的に洗い出して同じパターンで勝負を仕掛けると勝ちやすいと思います。過去のトレード履歴とチャートの動きを見てみると判断しやすいと思います。逆に負けている時のトレードも確認してみると良いと思います。そこには負けた理由があると思います。その原因を掘り下げて仮説を立てて勝負をしていくことが良いのではないかと思います。また、1か月に1回程度トレード履歴を見て確認することが良いと思います。自分が行ったfxトレードが正しいのかどうか、正しいと言うか勝っていれば正しくて、負けていれば間違っているということになるとおもいますのでわかりやすいと思います。人間は同じ失敗を繰り返しがちです。しかし、成功している人は失敗した事を糧にして新しい事にチャレンジしていくようにしています。さらに新しい事が新しい事を生んで可能性が広がっていくイメージです。fxで勝つためにはそのようなチャレンジを大切にする必要があります。同じ失敗を繰り返すほど無意味なことはありませんので、必ず振り返りを行って最適化する努力をしましょう。

fxは誰かとのバトル

fxは相対取引ですので相手の損が自分の利益になります。このように書くと奪い合いみたいな感じになりますが、fxをしている人には様々なトレーダーがいます。例えば、ヘッジ目的の機関投資家であれば少々の損益は仕方がないと考えているかもしれません。このような所から少し利益をもらったとしてもそれほど問題ではないかと思います。しかし、実際のfxトレードでは投資家同士がぶつかることがあります。fx会社を通じてレートをもらってトレードをしているだけではわかりませんが、トレードの奥では様々なプレイヤーが鎬を削る戦いを繰り広げているのであります。自分の利益はどこからきているのか?損益は誰にわたっているのか?について理解を深める事がfxで勝つための第一歩かもしれません。例えば、あるfx会社であればお客さんの損が自社の利益という所であれば、自分がトレードをした利益はfx会社の損失でしょうし、その逆もそうなります。そのような関係となっているのであれば、顧客に不利なレートを出したりシステムも改悪されて顧客が勝ちにくいようになっていくと思います。そのようなからくりを理解することで本当のfxもわかってくると思います。

デモでfxバトルをやってみよう

fxは基本的に1人で行うものですが、時には他人と競ってみると違う側面が発見できたりして良いと思います。一人では気付かなかった事でも他人とトレードをすることでわかることがあります。その時のトレードについて議論し合う事も良いと思います。問題点というのは環境を変えてやらないと見えない事があります。そういう環境を積極的に作っていくことがfxで勝つためには重要になるのではないかと思います。また、リアルトレードでするのではなくてデモトレードをすることが大切です。お互いで熱くなりすぎてリアルトレードで突っ込んでしまうと友情関係もこじれてしまうかもしれませんからね。デモトレードであれば懐も痛みませんし、土日でもデモが動いているfx会社もありますので、サラリーマンの人であれば土日限定でトレードをしあうと言う事も良いかもしれませんね。あまり長期間でトレードをすることはできませんが、短期間でお互いの腕を磨きあえばおもしろいのではないかと思います。こういう活用の仕方ができるのはfxだけだと思います。周りの人にもfxとはこのような取引という事をわかってもらうチャンスかもしれませんね。周りの人に何をしているかわからない状態であればあまり良くないと思いますので。

fxで利益を上げたものが勝ち

fxでは利益をあげたものが勝ちです。とてもシンプルでわかりやすいゲームだと思います。綺麗も汚いもなくただ勝てばいいということです。株式やその他金融商品であればインサイダーやらいろいろな制限などもありますが、fxの場合はそのようなものは基本的にありません。倫理感なども何も関係ありませんのでどんなやり方を使っても勝てば良いのです。おそらくどの金融商品より資本主義的なものだと思います。強いものに資本が集まりさらに大きな利益を得る事ができる、しかし、強いものも弱いものも同じ土俵での勝負になりますので逆転のチャンスは十分にある。とてもフェアで理にかなったものです。中にはたら・ればと言う人もいますが、fxにはそのような事は通用しません。結果が全てになりますので負けたものはどんなに綺麗事を言ったとしても負け犬の遠吠えになります。fxにロマンなどを持ち込む人もいますが、確かに人間模様や人間の心理がダイレクトに出るのでおもしろいですが、人間が作った幻想にすぎません。また、とてもおもしろいのが、運も実力という事を実証することになります。fxでは勝ちが全てですので、運がよくて勝てたとしてもそれは実力になります。これはとてもおもしろいことだと思います。

fxとは

そもそもfxとは何だろうかと考えてみると、いろいろな可能性を感じる事ができます。これはfxトレードを今以上によく行おうと思えば大切なことになるのではないかと思います。fxとは外国為替証拠金のことであり証拠金取引であります。証拠金取引ですのでfx会社の信用により売りからも始める事ができます。fx初心者に多いのですが、売りからスタートする意味がわからない人が多いようです。しかし、fxにおいて売り場で利益を出すほうが買いから利益を出すより簡単でダイナミックなのです。確率的には2分の1だろうと思っている人もいますが、上昇するときはじりじりとで下落する時は一瞬ですので一晩で大きな利益を上げる人もたくさんいると思います。特にユーロドルやポンド円などの値動きが激しいものでしたら一晩で200ポイントくらい動く事もありますので1カ月分の利益をそこで取る人もいます。勝てるfxトレーダーの人の多くはそのような急所で利益を出している人が多いです。そこで利益を出してしまえば、後は自分の良いタイミングでトレードをすれば良いだけですので、焦りも少なくなります。fx初心者でも必ず売りを理解して活用できるようにデモトレード等を活用して身につけておきましょう。

fxトレード手法比較

fxトレード方法は人によっては違いがあると思います。トレーダーの数だけfx手法も違うと言っても良いかもしれません。しかし、その中でも同じようなトレード手法をしてしまう場合があります。しかも、手法は違えどもある相場状況になると皆一斉に同じトレードをしてしまい負けてしまうという法則に似たようなことがあります。それに気づかずに同じような失敗をしてしまう場合が多いですので、勝ち負けの時はなぜそのようになったのかについて確認することが良いと思います。例えば、相場が一斉に下がった時に我先にと投げの決済トレードをする人が多く出ます、最初に逃げ切れれば良いですが、一斉に売りが出ると言う事は反対売買で受け手がいると言う事ですので、自律反発での買いも出てきます。なので、途中で売りきった値段より回復する時も多いです。そうすると、下値で売らされてしまう状況になってしまいます。こういう事は結構あるのではないかと思います。ぱっと思いだせないにしても意識を持ってトレードをしていくと、思い当たるトレードが多くあると思います。そうい場合は可能であればいろいろと試してみる事も良いと思います。本当はデモトレードで相場の動きと自分の心持ちを計りながらトレードをすることが良いと思います。

fxトレードバトルで勉強しよう

jfxが主催しているfxトレードバトルは大変ためになります。これはjfx社が行っている企画で毎回fxで活躍しているfxトレーダーを2人以上キャスティングして2時間程度の間でどちらが収益を上げれるかを競うものです。fx初心者にとっては本やWEBページでfxについて勉強したとしても実際にどのように活用して良いかわからない事が多いと思います。それを実際の相場をリアルタイムに流して投資家の苦悩なども含めて配信することは多くのfx投資家の心を釘づけにしています。また解説の小林社長がトレードの内容についても丁寧に教えてくれますし、なぜ売り買いをしたのかについても理解がしやすいです。これほど有益な情報が無料で閲覧できると言う事は驚異的ですが、このような企画がどんどん増えて行ってほしいです。fxの情報は中には眉唾ものも少なくなりませんが、こうやってリアルタイムで正々堂々とトレードをして頂ければ、納得もしやすいですし何よりもためになります。fxとは何なのかについて説明する時もこの動画を見せればすぐにわかるかもしれませんね。fxは相場状況が違ってくるので試しながら、改善、改善の繰り返しになると思います。その進化についてこれないと自然淘汰されてしまいます。fxで活躍している人こそ勉強を欠かさないと思います。